プチ厚塗り講座 ①

こんにちは、僕です。

なんか厚塗りのチュートリアル?を探してるような検索ワードが、アクセス解析みたら載ってたので、せっかくなので僕が使ってる厚塗りの手法をいくつか紹介していこうと思います。
今日はとりあえず、今使っている方法で。

1.前準備

使用ソフト:Photoshop か Sai

Photoshopのデフォルトブラシではとても絵なんてかけたもんじゃありませんので、
とりあえず設定をいじって下さい。参考用に僕の設定。
(ウインドウ→ブラシ)

ブラシ先端のシェイプ→ブラシ直径:100px
(100pxを基準にぼやけ方が変わります。デカすぎると、小さくして使いづらいです。)
ブラシ先端のシェイプ→硬さ:70%
(お好みで)
ブラシ先端のシェイプ→間隔:5%
(スペック低いなら、高い数字でもいいけど、少ないほうが高品質)
シェイプ→サイズのジッター:0%コントロール:筆圧
その他→不透明度のジッター:0%コントロール:筆圧
その他→インク流量のジッター:0%コントロール:筆圧
(ジッターは0%にして、コントロールを筆圧にすると、ブラシが格段に厚塗り向けとなる)

あとは好みでウェットエッジなどを追加してみるのも面白いです。

2.下描き

とりあえず、背景とメインキャラクターの配色を決めましょう。
背景を細かく描きたい場合は、明るい場所と暗い場所を意識しながら配色を選択しましょう。
今回僕に背景をこまかーく描く気力なんという物はないので、適当に地味な色を選択します。
キャラクターには、背景が地味なのである程度派手になってもらわないといけません。
原色に近い色を選択して、アウトラインをくっきり出しましょう。

ってことで下書きはアニメ塗りとそこまでかわりません。
好きな方法で自分が描きたいものをキャンバス上に再現してみてください。
その後にその上から厚塗りをします。

今回僕はタコでも描こうと思います。

3.下塗り

レイヤーを別にして下書きに影を入れます。テキトーです。
これが後に立体理解の助けになるので、しっかり正しい位置に影を入れましょう。

それが終わったら、もう一つレイヤーを作って色を塗ります。
あんまり難しいことは考えず、とりあえず色を置いていくような感覚で良いです。
後にこの色を引き伸ばしたりして、色を整頓することが、厚塗りなのです。

上の様な状態になりましたら、レイヤーを全選択して、スマートオブジェクトに変換。
ラスタライズして本塗の準備をしましょう。

4.本塗り

くぼみを生み出す為に、その場所にあらかじめ暗い色で線を入れたり、塗りつぶしたりします。
面を意識することが非常に重要です(右画像参照)
とりあえず斜面になってたら何かしら色の変化があると思っていればいいです。

タコちゃんに迫力が出てきましたね。
先程の下塗りに少しデコボコ感を作るだけでも随分厚塗りになります。
ほんの気持ち明るい色を、適当に散りばめるだけで、
タコちゃんのオデコあたりがいい感じの斜面を描いているのが理解して頂けると思います。
こんな感じにひた物体と、その物体に当たる光を考え、色を塗ってゆきます。

5.使用した表現手法

これがひたすら光をいじり続けて、完成したタコになります。
そうです厚塗りとは自分が納得するまで重ねて塗ってゆくということなんです。
そうやって正しい物を導きだそうとしている間に、重ねて塗った前の絵が味を出しているんですね。

これだけだと流石に寂しいので使用した表現手法を一応紹介しておきます。

1. 感光部の色相
光が当たった場所は明るくなりますよね?その感光部の明度を上げるだけではなく、色相をちょっと黄色やオレンジ側に近づけてやると、非常に鮮やかな彩色になります。但し、あまり派手な物を描きたい時以外はおすすめしません。

2.テカリ
タコのテカリ、これも物体が感光した時に発生するんですが、具体的にどこに発生するんでしょう?
こういった光は、実は二種類あり、強い光を受けた時、それを単純に反射しているだけか。
若しくは、蛍光灯や太陽などの光源を鏡のように映し出しているのかです。
前者の場合、テカリは物体の尖った所に発生します。ただしよっぽど強くないとテカリまではいかないと思います。
後者の場合、物体が鏡だとして、その鏡の中にある光源の位置がテカリの位置になります。
少し慣れるまでは難しいかもしれませんが、テキトーに入れてても問題ないとは思います。

3.陰の境界線
陰と明るい場所の境目に少し暗めの境界線を入れます。なぜかはわかりません。陰の質を上げます。

次回は真面目にやります。
適当でごめんなしゃい(´・ω・`)

広告
カテゴリー: 講座 パーマリンク

プチ厚塗り講座 ① への2件のフィードバック

  1. ピンバック: ファンアートの日! « KPC Online

  2. 通りすがりの美大生 より:

    境界線の陰影は、稜線ですよ。

    稜線を強調して立体感を出してるんです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中